バンコク発海外旅行・・カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、香港、シンガポール、ネパール、インド

タイランド国内旅行・・チェンマイ、チェンライ、スコータイ、メーホーソン、プーケット、クラビ、サムイ、トラート

会社概要 お問合せ メルマガ

グリッツトラベル

バンコク発インドシナ旅行のことなら、お任せください。

タイ旅行、ご予定に合わせてお選びいただけます。
日本語対応、お問合せはお電話、「お問合せ」から。

02-267-5086-8

日本から +66-2-267-5086

タイ政府観光旅行業ライセンス番号 11/01672

バンコク発海外旅行

タイランド国内旅行

タイ国内ホテル料金表

 グリッツトラベル 旅行条件書


本旅行条件(書)は、(株)グリッツトラベル(以下「当社」)と当社の商品、サービスをご利用になるお客様(以下「お客様」)との間で締結する旅行契約に関する条件を定めたものです。お客様は本書を必ず一読ください。

 

(1)               旅行代金及び条件

当社ホームページに掲載されている旅行商品の料金(以下「旅行代金」)及び条件は、2014年4月01日現在のものです。為替相場の大きな変動や入場箇所、ホテル、航空会社、その他の取引業者による大幅な料金改定などの事情により、やむを得ず旅行代金を変更させていただく場合があります。

 

(2)               旅行代金のお支払い

旅行代金は当社が契約締結を了解し、申し込み金を受領した時に成立するものとします。代金のお支払いにおいて、予約申し込みと同時に変更、取消料の発生する日時がある場合、旅行代金の一部または、全額の入金前であっても、当社はお客様に対して所定の手数料を請求できるものとします。

 

(3)               旅行代金に含まれるもの

     日程に記載された、航空運賃(エコノミークラス)、利用交通機関の運賃、送迎バス等の料金、観光料金、宿泊料金(原則2人部屋を2名様で利用)、食事料金。

     お一人様、スーツケース一個の手荷物運搬料金(お一人様20キロ以内)

ただし、運送機関のよって異なりますので、詳細はおたずねください。

     団体行動中のチップ、税金、サービス料。

 

(4)               料金に含まれないもの(その一部を例示します。)

     超過手荷物料金、クリーニング代、追加飲食等個人的性質の諸費用、及びそれに伴う税、サービス料金。

     傷害、疾病に関する医療費、渡航手続き諸費用(ビザ代等)

 

(5)               旅行契約の解除

お客様は当社が定めた手数料をお支払いいただくことによって、いつでも旅行契約を解除することができます。また、お客様はお客様の責に帰さない事由により、旅行契約上のサービスが受けられない場合には、取り消し手数料を支払うことなく不可能となった当該旅行サービス提供にかかわる部分の契約を解除することができます。その場合、旅行代金のうち、不可能になった当該旅行サービスの提供に関する部分をお客様へ払い戻しいたします。

変更、取り消しの条件につきましては、当社発行料金表、ホームページ、または回答電子メールに記載し、且つ予約申し込み時に提示いたします。

 

(6)               旅行内容、旅行代金の変更

天災地変、遅延、宿泊機関のサービスの提供中止など当社の関与し得ない事由で、また運送機関の運賃・料金の大幅な改定により、旅行内容、旅行代金を変更する場合があります。尚、お客様のお申し出により、旅行内容の変更がある場合は別途所要経費をいただきます。

 

(7)               当社の責任

当社は旅行代行者の故意、または過失によりお客様に損害を与えた時は、その商品、サービスが提供される国の法律・習慣の範囲内にて損害を補償します。日本の旅行業法に基づく旅行業約款は適用されません。

 

また、当社は次に明示する事由では責任を負うものではありません。

     天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関の事故、火災、遅延、不通による旅行内容の変更、短縮、または中止。

     盗難、自由行動中の事故、疾病等のお客様の故意、または過失によって生じた損害。

     官公署の命令、伝染病、食中毒など。

 

(8)               海外旅行傷害保険加入のおすすめ

ご旅行中の病気や事故、盗難などに備えて、海外旅行傷害保険に加入することをおすすめします。主催旅行契約特例補償規定には、傷害、疾病治療費の補償は含まれておりません。外国での治療費用やご自身の責任による賠償金はかなり高額となります。また賠償義務者が外国の運送機関、宿泊機関などである場合、賠償を取りつけるのは容易でない場合もありますし、国情によっては賠償額が非常に低いこともあります。